Teledyne Hanson社

  • 0298754739
  • お問い合わせ

Teledyne Hanson社

Phoenix™ 拡散セル ドライヒートシステム

従来の放出試験の諸問題を解決した次世代世界標準

NEW 縦型拡散セル(フランツセル)システム!

拡散セルシステムのトップメーカーであるハンソンリサーチ社は、次世代の世界標準となる、USPと日局に準拠した縦型拡散セル(フランツセル)システム”Phoenix RDS”と”Phoenix DB-6″をリリースしました。6セルブロックにドライヒート機能と撹拌機能を搭載したコンパクト設計で、広いスペースは不要です。手動サンプリングの”Phoenix DB-6″は試験の度に作業効率の良い場所に移動することが可能です。サンプリングはサンプリングポートからの抜き取り方式のため、セルの内圧が上がらず、液漏れや膜の変形がありません。軟膏のアプライが容易になったことによりセルプレパレーションによる変動要因も低減しました。自動サンプリングの”Phoenix RDS”は、1台のPCで最大24セルの試験が可能です。また、手技間差とオペレーター間差を無くして試験結果のバラつきを低減するとともに人為ミスを無くすので、キーアナリストの手を煩わせずに試験できます。長時間の試験を無人化し、リソースを有効利用してコストダウンできます。

Phoenixはこちらから動画でご覧になれます。

手動サンプリング”Phoenix DB-6”
・標準的マイクロピペットでレセプター液の採取/添加が可能
・ポータブルで持ち運び可能
・セル容量 10~30 ml、オリフィス口径 9~20 mm、製剤容量 0.25~6.2 ml
・セルインサートでセルを変えずにセル容量変更可能
・100個のメソッド保管や、サンプリング時刻のアラームの設定可能
・セルの高精度化により、個々のセル容量の差は考慮不要

自動サンプリング"Phoenix RDS"
・長時間の試験の無人化
・チューブレスで、リンス液量とサンプル液量を大幅削減
・サンプリング毎の手技間差、作業者間差、人為的ミスを無くした信頼性の高いデータ
・HPLCトレーのバイアルに直接サンプルを分注するため、バイアルの入れ替え不要
・最大24セルまで拡張可能
・省力化簡便化によるリソースの有効利用でコストダウン
・モジュール化により手動サンプリングと自動サンプリングの相互移行が容易

Vision® G2 Elite 8™ 溶出試験器

高性能、斬新なデザイン、溶出試験のグローバル化!

米国初の溶出試験器メーカーであるハンソンリサーチ社は、次世代の世界標準である溶出試験器”Vision G2 Elite 8 “をリリースしました。最近の厳しいFDA校正ガイドライン(ASTM法)に完全対応し、最先端のテクノロジーと人間工学に基づいた設計により、ユーザーフレンドリーで高耐久、データの再現性と信頼性に優れ、あらゆる点で最も優れたハイエンド溶出試験器です。
自動及びマニュアルサンプリング両用に設計され、オプションのオートサンプラやフラクションコレクター、オンラインUVシステムと統合し一括でコントロール可能です。 また、ファイバーオプティクス溶出試験器システムを追加することで、ベッセル内の吸光度オンタイムモニタリングによるリアルタイムデータの取得も可能です。

Vision G2 Elite 8はこちらから動画でご覧になれます。
Vision G2 システムの詳細カタログです。

・フランジ部分が割れない高精度ガラスベッセルを標準装備
・ベッセルとシャフトの中心が常に合致する独自の機構により、データ信頼性が世界最高水準
・FDA校正ガイライン(ASTM法)対応
・直感的操作を可能にしたタッチパネルの採用
・故障の無い手動ドライブヘッドにより上下が容易で、バスケットの投入速度調整も自在
・自動化に対応が容易
・パドル、バスケットの交換が容易

Vision® G2 Classic 6™ 溶出試験器

低価格、省スペースの最先端テクノロジーが溶出試験をグローバル化!

JP/USP/EPに完全準拠し、マニュアルサンプリングに適しています。
データ信頼性が高く、予算やスペースに制限がある場合にお薦めです。
ハンソン社の最先端テクノロジーが実現した高耐久性により、ライフサイクルコスト”LCC”が世界で最も優れた溶出試験器です。 また、ファイバーオプティクス溶出試験器システムを追加することで、ベッセル内の吸光度オンタイムモニタリングによるリアルタイムデータの取得も可能です。

Vision G2 システムの詳細カタログです。

・フランジ部分が割れない高精度ガラスベッセルを標準装備
・ベッセルとシャフトの中心が常に合致する独自の機構により、データ信頼性が世界最高水準
・FDA校正ガイドライン(ASTM法)対応
・省スペース - 本体の幅39.4cm×奥行58.4cm (設置スペース:幅55.4cm×奥行69.0cm)
・ベッセルと装置ヘッドの間の広いスペースによりマニュアルサンプリングが容易
・直感的操作を可能にしたタッチパネル方式のディスプレイ
・パドル、バスケットの交換が容易
・オプションのUVバスクリーン取付けにより薬剤を使わずに水浴の水交換6ヶ月不要
・オプションのメディアリプレイスビーカーシステムの取付けにより、液補充の試験液を適温に保温

Vision® G2 AutoPlus™ オートサンプラー及びフラクションコレクター(AutoFill™)

正確なサンプリングからサンプルの希釈まで
これ一台で可能です!

多彩なユーザーのご要望にお応えしてモジュールタイプでシンプルな溶出試験器用サンプリングシステムを開発しました。
溶出試験器にオートサンプラーを接続することによりオートサンプラーでシステムの一括管理ができます。
島津 UV-1800の接続によるUVオンラインシステムが可能です。

Vision® AutoPlus™ & AutoFill™はこちらから動画でご覧になれます。
Vision G2 システムの詳細カタログです。

On-Line UV Systemの詳細(英文)

・サンプリング及び希釈精度:±1 % (5 mLシリンジ)
・UV測定したサンプルをバイアルや試験管に採取可能 ーこれはハンソンだけー
・サンプリング量:1~12 mL
・サンプリングは、HPLCバイアル及び試験管に対応
・サンプリングポイント:24 ポイント(HPLCバイアル)又は21 ポイント(試験管)
・最大3 台の溶出試験器と同時接続可能(3 台接続の場合、液補充不可)

Vision® AutoFilter™ Changer

Vision®シリーズとシームレスな接続が可能!

Vision® AutoFilter™ ChangerとHanson製 溶出試験器及びVision® G2 AutoPlus™に必要なインターフェースがすべて付属しています。
25 mmのシリンジフィルターと互換性があり、シリンジフィルター用のストックチューブ(18個又は25個)が搭載されています。

Vision® AutoFilter™ Changerはこちらから動画でご覧になれます。

・6、7又は8サンプルを同時にサンプリング可能
・100個のプロトコルの作成、管理、保管が可能
・アラーム機能搭載
・21 CFR Part11に準拠
・JP、USP、FDA、ASTMに準拠
・CE、CSA、WEEE、RoHSに準拠

Media-Mate Plus™ (脱気・分注装置)

溶出試験器の前まで、楽に移動できます!

JP/USP/EPに準拠して、10-40 Lの試験液を所定の温度に加温後、ろ過、真空脱気(薄膜処理法)、分注操作を速やかに実施します。
分注量は250 mLから1000 mL(50 mL間隔)の設定が可能です。
更に、分注精度は±1 %以内です。

Media-Mate Plus™はこちらから動画でご覧になれます。

・約5 分で最大7 ベッセル同時に脱気・分注が可能
・10~40 Lの試験液を1度に調製が可能
・可動式の脱気・分注装置
・ベッセルへの分注が正確
・脱気レベルが高い(USPの脱気法と同等の脱気レベル)

Vision® Microette™ フランツセル(拡散セル)システム

軟膏などの放出試験が自動で行えます!

経皮吸収製剤又は局所製剤の薬物放出試験をフランツセル(縦型拡散セル)で実施できるシステムです。マニュアルサンプリングシステムの購入後でも、オートサンプラを追加し、オートサンプリングシステムへ変更できます。

2013年8月、USP〈1724〉にHanson社の7mlフランツセルが収載されました。
2016年日局17にHanson社の7mlフランツセルが収載されました!!

JP 17 皮膚に適用する製剤の放出試験法

・経皮吸収製剤の検討が容易
・シリンジポンプで正確なサンプリングが可能
・100個のプロトコル(サンプリング量、サンプリング間隔など)を保存可能
・フランツセルを6 個から18 個まで拡張可能
・フランツセルにはシリアル番号がついており、管理が容易
・サンプル量により、サンプリング方法を選択可能(手動又は自動)

DISI AUTOSENSE™ 崩壊試験器

PC制御と崩壊度センサーが崩壊曲線をモニタリング!

最新の崩壊試験器DISI AUTOSENSEはUSP<701><2040>、EP、JPに準拠した完全自動崩壊試験を行います。
生産性、精度、使い易さ、メンテナンスフリー、迅速さを追求した最新技術による設計です。
2ポジションと4ポジションのモデルから選択できます。各ポジションは独立したプログラムで操作でき、最大4つの異なる製品を同時に試験できます。

DISI AUTOSENSEはこちらから動画でご覧になれます。

・各錠剤の崩壊率を自動で検出
・錠剤の上の補助版の高さを1ストローク毎に測定
・バスケットのセンサーが試験液の温度をモニタリング
・100%崩壊を自動感知し、バスケットをビーカーから自動引上げ
・温度と崩壊率はリアルタイムで表示し自動保存
・データは後で呼び出し、表やグラフでレポート
・バスケットは磁石により簡単脱着
・21 CFR PART 11 完全対応

PHASE ONE™ 崩壊試験器

速さ、精度、使い易さ、メンテの容易さを追求しました!

最新の崩壊試験器PHASE ONEはUSP<701><2040>、EP、JPに準拠した、迅速で効率的な試験を行います。
速さ、精度、使い易さ、メンテナンスの容易さ、コンパクトさを追求した設計です。
新製品開発や品質管理のために崩壊試験を行うラボにとって、コンパクトで費用対効果の高いソリューションを提供します。

PHASE ONE™ 崩壊試験器はこちらから動画でご覧になれます。

・ツール無しで全てのコンポーネントの取り外しと組み立てが出来るため、各作業10分以内
・定期清掃のため水浴の取り外しもツール無しで簡単
・幅44 cm の省スペース設計
・直感的で分かり易いナビゲーションのため、プログラミングは30秒以内
・1秒単位で時間設定可能
・1ビーカーでも2ビーカー同時でも試験可能
・2種類のUSPバスケット付、Aバスケットアセンブリ(6本チューブ)、Bバスケットアセンブリ(3本チューブ、18 mmを超える錠剤用)

粉体流動性試験器 Flodex™

Flodexは、粉末原料の仕様として使用する信頼性と再現性の高い、4〜40で表す流動性指数を決定するシンプルなツールです。 この簡単なテストでは、粒径や形状、「微粉」、単位表面、実際のかさ密度、気孔率、沈降、静電気などの粉体流動性に影響する多数のパラメータが考慮されています。

Flodexは、粉末の流動性の変動よるトラブルを解決する簡単な手法を提供します。 粉末状の原材料は、異なるサプライヤーやロット間でさまざまに変化します。 このばらつきは、製造装置に装填されたときに粉体が自由に流れる能力に影響を与え、製造プロセスの速度と精度を損ないます。

イントリンジックの流動性測定は、粉末がディスクの穴を自由に通過する能力に基づいています。 Flodexには、この流動性指数の決定に使用する異なるサイズの穴を備えたフルセットのディスクが付属しており、USP <1174>に完全に準拠しています。

・USP <1174>準拠
・粉末の流動性の単純で反復可能な指標の取得が可能
・技術的に訓練されていないオペレーターでも操作可能
・製造設備のセットアップと充填前に流動性試験が可能
・様々な粉体タイプで使用できるフルセットのディスクセット
・ステンレス製ロートにより粉体の静電気を放電
・購入時および販売時の品質保証書の仕様に最適
・製品均一性に影響するばらつきの高い要素の回避
・経口医薬品製剤やコーヒーその他の製造原料の多様な粉末に適用可能