HEL社|アイビック・リサーチ|page2

  • 0298754739
  • お問い合わせ

HEL社

AutoLAB (オートラボ)

ベンチスケール&キロスケール有機合成装置

AutoLABは、プロセス開発で有機合成反応を効率よく安全に行う装置です。通常ラボで使用する装置を組み合わせて、反応条件をPCにモニターし、コントロールします。 ベンチ及びパイロットスケール(250 mLから20 Lスケール)で実施でき、ファインケミカル、製薬関連分野で使用できます。反応条件も標準で約-80 ℃から250 ℃、オプションで適切なリアクターに変更することにより500 ℃まで設定できます。

・生産性、安全性の向上
・マニュアル又はソフトウェアでの制御
・拡張性のある設計

高圧合成反応装置 (HP ChemSCANⅡ及びCAT UNIT)

水素添加&触媒スクリーニングツール

HP ChemSCANⅡは、高圧下での有機合成反応を効率よく行うことができます。触媒開発に大きな力を発揮します。
CAT UNITは、反応容器数に応じてCAT7(7 バイアル)、CAT18(18 バイアル)、CAT24(24 バイアル)、CAT96(96 バイアル)があります。経済的で効率よく水添反応及び高圧反応のスクリーニングを行えます。ホットプレート上又はオイルバスで直接使用できます。

[HP ChemSCAN Ⅱ]
・最大8 サンプルを各々独立した条件で操作可能
・全てをPC制御可能
・水素の消費量をオンラインでモニター可能
・反応容量:16又は75 mL
・反応容器の材質:SUS又はハステロイ
・反応温度:-60~200 ℃
・反応圧力:最大100 bar (オプション200 bar)

[CAT UNIT]
・反応容量:1 mL又は2 mL(CAT7:10 mL)
・反応容器:7、18、24又は96 バイアル
・反応圧力:100 bar
・反応温度:最大250 ℃
・反応温度を熱電対でモニター可能

FlowCAT (フローキャタ)

連続フローによる水素添加&高圧反応のスクリーニングと最適化

FlowCATは、連続フローの水素添加及び高圧触媒反応のスクリーニング及び最適化を効率よく行うことができます。温度制御した試験容器へガスと液をリアクターへ供給することにより、生成物が得られます。圧力、温度、液/ガスの供給速度は、ソフトウェアにより制御でき、それぞれの反応条件を試験中に変更できます。新規化合物のスクリーニング、新規触媒による収率の最適化及び少量生産に適用できます。

・反応温度:最大300 ℃
・反応器の直径:6又は12 mm
・反応容量:3又は12 mL
・反応圧力:最大100 bar (オプション 200及び300 bar)
・供給:1 ガス、1 液

TSu (熱量スクリーニングユニット)

コンパクト&シンプルな熱量スクリーニングユニット

化合物の熱的安定性の評価ができます。温度と圧力を同時測定するため、従来のDSC/DTAのスクリーニングより多くの情報が得られます。TSuは、卓上型装置であり、サンプルは粉体又は液体が測定可能です。また、1 mLから8 mLのサンプルセルを使用して、代表サンプルと反応混合物の試験を行えます。

・最高温度:400 ℃、最高圧力:200 bar、昇温速度:0~10 ℃/min
・DSCスクリーニング装置の代替として使用可能
・データ解析が自在
・温度、圧力をPC制御可能
・テストセルの材質が豊富

Simular (反応熱量計)

安全なプロセスのスケールアップのための測定装置

安全で効率的にプロセス開発するためのシュミレーション反応装置です。Simularは、可能な限りプラントをシュミレートできます。熱量測定は、ヒートフロー方式又は入力補償方式で測定できます。

主に以下の検討ができます。
・プロセスの最適化(収率、反応時間、)
・プロセスの安全性評価(反応原料の蓄積等)
・スケールアップ評価(熱移動、冷却能力)

・反応条件が多様
・反応熱量がリアルタイムでモニター可能
・原料フィードが可能
・サンプリングが自在
・様々なセンサーを接続可能

Phi-TECⅠ(断熱反応熱量計)

断熱条件下での反応熱及び圧力の測定装置

ダウ・ケミカル社が開発したARC®(断熱型反応熱量計又は加速速度熱量計、暴走反応熱量計)を改良し発展させた製品です。コンパクトで発熱を高感度で自動検出します。サンプルの撹拌が可能で、サンプルの温度を直接モニターできます。サンプルは、粉体及び液体が使用でき、セル容量や材質の特注ができます。また、バッテリー試験用の特別モデルもあります。

・多様なテストセルを使用可能
・サンプル温度を直接モニター可能
・サンプルの撹拌が可能
・自動校正が可能
・低温で熱安定性試験が可能

Phi-TECⅡ(反応熱量計)

化学プラントでの発生熱量と圧力のシュミレーション装置

大きな化学プラントの熱挙動を10-100 mLのサンプルでシュミレートする反応熱量計です。総熱容量が低い(Low Phi-factor)データを得ることができます。
Phi-TECⅡから、以下の検討が行えます。
・Phi-TECⅠ及びTSuと同様のデータ
・正確な発熱の開始温度
・DIERS RELIEF LINE SIZINGに適した暴走データ
・ベント挙動の決定(ガス、温度)
・フロー管理の決定(単相又は二相)
・最大反応速度までの時間

・多様なテストセルを使用可能
・サンプル温度、圧力を直接モニター可能
・サンプルの撹拌が可能
・サンプルの供給が可能